高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 改造 | モデラーズハイ | モデハイ

 ALL  キャラクター 可動フィギュア ガンプラ メカ・ロボ スケールモデル ドール その他 イベント・製品レビュー 技術・工具

作品詳細

登録日:2017-08-22 15:10:18
キャラクター - 改造品

高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 改造

ページビュー:431

ポイント:5

お気に入り:1

〈改造内容〉
銃口を開口しました。
銃口上部の謎の穴も再現しましました。
LEDを5個仕込みました。点灯スイッチは本物のプロップにもあるスイッチ部分に設けました。電池ボックスはグリップカバーを外すと取り出せます。
左側面のレーザーポインター(?)をクリアパーツで作り直しました。
グリップ周りのネジを市販の六角穴ボルトに差し替えました。
LED発光ギミックや六角穴ボルトにかかったお金を本体の価格に加えても2000円ほどです。
こんなに安くデッカードブラスターを手に出来るだなんて!幸せです。
〈この銃について〉
五連装の回転式拳銃の上に、謎の発射装置(単発)が乗っかっている構造です。
謎の発射装置の銃口は特種な形をしており、とても実体弾(ソリッド弾)が
発射できるとは思えません。おそらくこの謎の発射装置こそ「ブラスター」なのでしょう。
手動で薬莢(エネルギーカートリッジ?)を装填・排出できる仕組みになっているようです。
劇中では一度も使用されていません。
ちなみにデッカードブラスターという呼び名は通称であり正式なものではありません。
過去に様々なレプリカが販売されたようですが、
海外製のものには本物とはほど遠いものもあり
この水鉄砲のほうがよほど優れた仕上がりになっています。


編集

メンバーのみタグを編集できます。
メンバーになるにはこちらからご登録ください。

コメント


メンバーのみコメントの投稿が行えます。
コメントはまだありません