1/100ガンダム旧キット試作(8/完成) | モデラーズハイ | モデハイ

 ALL  キャラクター 可動フィギュア ガンプラ メカ・ロボ スケールモデル ドール その他 イベント・製品レビュー 技術・工具

作品詳細

登録日:2021-08-14 08:30:01
ガンプラ - 改造品

1/100ガンダム旧キット試作(8/完成)

ページビュー:262

ポイント:0

お気に入り:0

旧キット1/100ガンダムを思いつくままにいじくり回して数ヶ月、ようやく塗装して〆にする事が出来ました。
元々は単に「フトモモ側に関節仕込めば旧キットにコアファイター仕込んだまま足を動かせるな」というだけのものだったんですが、
「十分な可動域がある事を証明するには立て膝は出来ないと…」→「立て膝が出来ても腕が動かないとポーズが決まらないな」→「10年前のHGくらいの可動は仕込みたい」
「せっかくだからコアファイターも設定サイズにしてみるか」→「機首長くしたら合体時のコクピットカバーなんとかなるかも」→「そもそも旧1/100ガンダム19cmくらいあるじゃん!なんとかあと5mm伸ばせないかコアファイター」
みたいな泥沼にハマり、「これは永久に完成しないか、元キットが改造に耐えられず崩壊してオジャンになるやつだな…」とも思ったのですが、不幸にも現在無職で暇だけはあったため、自分の技術と発想の限界点によってどうにか停車する事が出来ました。

とはいえ、プラモ塗装するのが数年ぶりだったために塗装だけで一ヶ月かかりました。
オマケにプラモ専用塗料が簡単に手に入らずエアブラシもないんで頼りはホームセンターで買ったDIY用の缶スプレーや自動車用サーフェイサー。
皮膜を考慮してスカスカ気味に作ったはずが塗料の厚みがそれ以上になってしまい、案の定あっちが擦れこっちが割れで、粗の少ない画像を撮るだけでも一苦労。
それでもなんとか崩壊せず、辛うじて自立できる程度にはなってくれました。

ド田舎なんで近所に模型店もなく、そもそもモデラーではないので市販の便利パーツなんかも使いこなせなかったんですが、タミヤのソフトプラ棒3mmのおかげでなんとか形にできたと思います。
今まで旧1/100ガンダムに挑戦し、そのアイデアをネットに残してくれた先人の皆様にも、この場を借りて感謝と尊敬の意を表したいと思います。


編集

メンバーのみタグを編集できます。
メンバーになるにはこちらからご登録ください。

コメント


メンバーのみコメントの投稿が行えます。
コメントはまだありません